トリおんな(23)の医学生日記

国立大医学部6年生、絶賛国試勉強中。好きなもの-本・映画・ミュージカル。

「笑顔に癒されてました」

少しばかり前のことですが、実習で担当させていただいた患者さんに、2週間の実習期間の最終日に挨拶に行きました。そのときに頂いた、患者さんからの一言。

 

「先生のその笑顔にいつも癒されてました!素敵なお医者様になってくださいね」

 

私はまだ「先生」ですらないし、私が担当したと言っても、学生なので何か実際の処置を行うわけではなく、ただ病室にお話を聞きに行ったり簡単な診察をしたりしただけのこと。むしろ、入院でただでさえストレスフルな環境におかれている患者さんにしてみれば、余計な面倒が増えたという見方もあるでしょう。

 

それにも関わらず、こんなに感謝していただけた…!これは嬉しい。嬉しすぎます。

 

この患者さんの疾患は、入院期間中に治るものではなく、現時点の医療では一生付き合っていかなければならない類のものです。

「先生がお医者さんになったら、いつか診てくださいね」

 

まずは一年後に国試に受かれるよう、ぼちぼち勉強を頑張らなくちゃ。

*トリおんな*

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
↑Let's ポチッ!今日もありがとうございます♪