トリおんな(24)の医学生日記

国立大医学部6年生、絶賛国試勉強中。好きなもの-本・映画・ミュージカル。キティちゃんが日々の癒しです。☆KOKUTAI ONLINE で連載中☆

【映画】君の膵臓をたべたい…を、マジメに考えてみた

医療ドラマを素直に楽しめなくなる、というのは「医療関係者あるある」ですね。


「山Pとかガッキーとかみたいな美男美女ばかりって、どこの病院〜?!」
というのは、華やかでナンボな映像の世界に対して禁断のツッコミですが(と言いつつ、コードブルー大好きなのです笑)、

「その胸骨圧迫、ちょっと浅くなーい?」
なんて、医療的な事柄に対してはテレビの前でついつい要らぬ茶々を入れてしまいます。
(……学生の私でさえこうなのですから、キャリアを積まれた先生方にとっては、ドラマ等で「あれれ?」と引っかかることはもっとずっと多いことと思います)


そんな私ですが、先日、映画『君の膵臓をたべたい』=キミスイを観に行きました。

 

f:id:torionna:20170804214022j:plain

まずはキャストの方々の熱演に拍手。主演二人のピュアな透明感に、高校生時代の甘酸っぱい気持ち(笑)が蘇りました。
大河ドラマで「之の字」君を好演中の役者さんが高校生役でいい味出していらして、個人的にはそこもツボでした。癒しの「ガム、食べる?」少年。

 

……ただ、最後まで残る一つの疑問。

ヒロイン・咲良ちゃんのあの膵臓の病気は、いったい「何」なのでしょう?
(原作を読んだときにも同じ疑問が湧いてしまい、はいここが泣きどころですよ、というところなのに涙が引っ込んだ記憶が。笑

原作を読んだ際の感想は、こちらの過去記事↓に書いています)

 

torionna.hatenablog.com

 

 

フィクションの世界に対してこんなツッコミを入れるのは、野暮ですよね。分かってます。
映画を観に行った連れも、「アラ探しする余裕なんてなかった、号泣した」と言っていましたもの。
でも、悲しいかなこれも医学生の性。どうしようもなく気になってしまって、素直に泣けなかったのです。

 

そういうわけで、いろいろ考えてみた内容をこの記事の一番下↓のほうにおまけで書いてみましたので、よろしければご覧ください。
(ちなみに、医大生トップブロガー・たきい君が昨年、私よりよほどしっかりした考察を記事にされていますよ。

【キミスイ】「君の膵臓をたべたい」ヒロインがもつ膵疾患の鑑別を考えてみた - 医大生・たきいです。

今回改めて私も考察するにあたっては、こちらの記事↑は読み返さずに考えてみました)

 

結論から申し上げると、いろいろ検討してみましたが、今の私の知識量では納得いく答えに辿り着くことができませんでした。残念。
しかし、医学部の同級生の友人たちとこの件に関してああでもないこうでもないといろいろ議論したのは、純粋に楽しかったです。

 

医師兼作家の先生方の書かれた「難病もの」って、意外と少ない気がします。(普段、綺麗事だけでは済まない生身の患者さんと接しているからでしょうか)
「良い小説」が必ずしも現実に即していなければならないというわけではありませんが、医療的な考証がしっかりした難病ものも、ぜひ読んでみたいなぁと思います。

 

*トリおんな*

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
↑Let's ポチッ!今日もありがとうございます♪

 

※2017/08/04追記

たきい君もちょうど同じタイミングで観に行っていたのだそう。タイミングぴったり。

「君の膵臓を食べたい」を観て - 医大生・たきいです。


【おまけ: キミスイの診断について、トリおんなの考察】
・膵癌?
→一般の方が「膵臓の病気」ときいて真っ先に思い浮かべるのが膵癌ではないでしょうか。映画の中ではインスリン自己注射キットや血糖測定値を持ち歩いていたので、膵癌によって膵機能が落ちてインスリンを分泌できなくなり、急速に糖尿病症状が進行した、という設定なら合うかと。
ただご存知の通り、膵癌の好発年齢はもっとずっと上(60代以上がほとんど)。飲酒や喫煙といったリスク因子もない(ですよね?笑)弱冠17歳の咲良ちゃんが仮に膵癌だとすれば、相当レア。学会発表ものではないでしょうか。
映画では症状の進行が「ものが食べられなくなった」という主訴で表されていたのですが、少なくとも見た目からは黄疸も体重減少も窺えず、極めて健康的。お肌つやっつやでとってもキュート。うーーーむ。

 

・神経内分泌腫瘍?(スティーブ・ジョブズの死因になった病気として有名ですね)
→膵癌と同じく。好発年齢の観点からは、あまり妥当ではなさそう。
ただ、グルカゴノーマだったらインスリンを持ち歩いているというエピソードの説明はつく……のかな?

 

・若年発症(17かそこらで、「あと1年もたないかも」と言われている)なので、何か遺伝的素因のある疾患?

→でも劇中で両親はピンピンしていたから、家族歴はなさそう。von Hippel-Lindau病は常染色体優性遺伝だからこれで除外されるし、そもそもvon Hippel-Lindau病はそれほど生命予後が悪いとも思えないし。

→IgG4関連疾患による自己免疫性膵炎?それにしても好発年齢はもっと上だからあまり合わないし、そもそも「1年以内で死んじゃう」ような病気ではない。

 

以上です。これは難問。


……あともう一つ物申すとすれば、これだけ「膵臓」ネタで引っ張っておきながらあのラストにする必然性はあったのか、私にはそこはイマイチわかりませんでした(笑)

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
↑Let's ポチッ!今日もありがとうございます♪