トリおんな(24)の医学生日記

国立大医学部6年生、絶賛国試勉強中。好きなもの-本・映画・ミュージカル。キティちゃんが日々の癒しです。☆KOKUTAI ONLINE で連載中☆

アンラッキーとラッキーの境目

どうもツイてない…そんな一日ってありますよね。

その日は朝から、何かボタンを掛け違えたような小さなアンラッキーが続いていました。

 

通勤ラッシュの時間帯、列に並んで電車を待っていると突如として現れたワリコミマン。ただでさえ混み合った電車内、ワリコミマンが一人分のスペースを掻っ攫っていったおかげで、先に並んでた私は乗りそびれそうになりました。ひどいなぁ。

 

ワリコミマンの一件で心にモヤモヤを抱いたまま実習の集合場所(その日はとある研究室でした)に向かうと……始まりました、ツイてない一日・第二ラウンド。担当の先生がいらっしゃらないのです。

 

待てども…

待てども待てども…


いらっしゃらないのです。

 

同じ部屋にいらした大学院生の方々は身内どうしのお喋りに興じ、放ったらかしにされた私たち学生(完全にアウェイ)は、ただただポカーンとするばかり。


すると代理の先生がやって来て、
「担当の先生は今日風邪で遅れるそうだから、夕方に再集合でよろしくお願いします」
と仰るのです。
えぇ〜〜っ?満員電車でもみくちゃにされながら1時間かけて通学してきた私の苦労、全部パーなの?(涙)

 

「明日以降の予定はどうなるんですか?」
「今週仕上げる課題について先に教えていただけませんか?」
と尋ねても、代理の先生ゆえ明確な回答は得られません。

 

どうしようもないので、夕方まで大学の図書館で勉強しながら時間を潰すことにしましたが、1時間後、
「風邪が治らないからやっぱり夕方の集合は無しです」
との連絡がありました。パトラッシュ、ぼくはもう疲れたよ。

 


しかし。悪いことが続いたように感じていましたが、ちょっと見方を変えてみれば、
・朝の電車で割り込まれた
→割り込まれたけれど、結局乗れたので実害はなかった。
・先生がいらっしゃらなかった
→図書館で勉強する時間を確保できた。
・夕方の再集合がなくなった
→早く自由になれた。
と、とてもツイていた一日でもあることに気づいたのです。

 

そういう見方、物事のポジティブな面に光を当てる考え方を身につければ、自分のイライラを表に出さない・周りにぶつけないような人に近づけるのでしょうね。

まだまだ修行が足りないなぁ。


いつも心に余裕があって、人に優しい…そういう人に、私はなりたい。

*トリおんな*

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
↑Let's ポチッ!今日もありがとうございます♪