トリおんな(24)の医学生日記

国立大医学部6年生、絶賛国試勉強中。好きなもの-本・映画・ミュージカル。キティちゃんが日々の癒しです。☆KOKUTAI ONLINE で連載中☆

オペ見学こぼれ話vol.12~心臓外科はストイック~

オペ見学中のエピソード、第12弾。

最近、一口に「外科系」と言っても、専門分野によって雰囲気にかなり差があるということが分かってきました。

例えば整形外科は
「学生さん、サボれるのは今のうちだよ~。学生のうちは借金してでも遊ぶのがいいよ。あはははは」
と、かなり開けっぴろげな雰囲気(笑)
電鋸を使うようなダイナミックなオペ(誤解を恐れず言えば、まるで大工仕事!)が多いからでしょうか。ざっくばらんな先生が多い気がしました。

しかし対照的に、最近ローテしていた心臓外科は、とにかく真面目な雰囲気。他の外科ではオペの最中も雑談が聞こえていましたが、心臓外科のオペではなんと、雑談ほぼゼロ!

心臓は他の臓器と異なり、もしオペ後に異常が見つかれば、一刻を争って治療しなければ患者さんの生命が危うくなります。(他の臓器では一分一秒という単位では生命に関わらないことも多いです)
そのぶん、心臓外科の先生方はストイックに患者さんを診ていらっしゃるのだと思います。

 「臓器ネットワークからいつ『移植の心臓が手に入りました』と連絡があっても良いよう、常に緊急オペに備えてスタンバイをしている(キリッ)」
という話を伺ったときには、さすが外科の花形だなぁと頭が下がりました。


……ただ、回診中あまり構ってもらえず、空気のように扱われて少々悲しかったのはここだけの話。何の医療行為もできず後ろを付いてくるだけの学生の存在は、たぶん邪魔だったのでしょう(泣)

*トリおんな*


Let’sポチッ!今日もありがとうございます♪

余談ですが、心臓外科のことを「心外」と略しますよね。

しかしこれ、パッと見「しんがい」だなぁということに気づいて、元々この記事に書いていた「心外」を全部「心臓外科」に書き直しました。どなたかお優しい方、この涙ぐましい努力の跡に気づいてくださいませ(笑)