トリおんな(23)の医学生日記

国立大医学部6年生、絶賛国試勉強中。好きなもの-本・映画・ミュージカル。

オペ見学こぼれ話vol.11~麻酔科教授はスゴ腕~

オペ見学中のエピソード第11弾です。(3回連続の麻酔科エピソードでしたが、いよいよ今回でラスト)

前回記事はこちらです↓ 

torionna.hatenablog.com

 

当然のことながら、麻酔科の先生方はあらゆる外科系のオペに参加します。

 

何でも、うちの大学の麻酔科教授は、教授の身でありながら手技の巧みさが群を抜いていることで有名なのだとか。そのため、教授自らがオペに入ることもしばしばです。 

(※一般的に、教授が実際のオペに入って手を動かすことはあまりないため、手技については中堅どころの先生方が勝ることが多いのだとか……。うちの大学が特殊例なのかもしれません)

 

さて、ある日のこと。教授が麻酔科医として参加する、心臓外科のオペを見学する機会に恵まれました。

 

心臓のオペの際には、患者の状態をモニタリングするため「スワンガンツカテーテル」を予め心臓に(正確には肺動脈に)挿入しておく必要があります。(ドラマ「チーム・バチスタの栄光」で、城田優演じる麻酔科医が殺人に使っていたアレです)

 

教授の処置の間ずっとレントゲンの透視映像を見ていたのですが、教授がスワンガンツカテーテルを手に取るやいなや、まるで生き物のようにスルスルと心臓の中へ入っていくのです。

あまりの早さに、たいへん衝撃を受けました。

 

 

処置を終えた教授が近づいてきて、

「何か質問ある?」

とおっしゃったので思わず

「先生……スワンガンツ、すごかったです!」

と申し上げたところ、ニッと笑って親指を立てて去って行かれました。先生、お茶目です。

f:id:torionna:20160924231204j:plain

(去り際の教授。か、かっこいい……!)

 

*トリおんな*


Let’sポチッ!今日もありがとうございます♪