トリおんな(23)の医学生日記

国立大医学部6年生、絶賛国試勉強中。好きなもの-本・映画・ミュージカル。

【本】仮面病棟(知念実希人)

ぼちぼち読書記録を付けていきたいと思います。

『仮面病棟』(知念実希人)

現役医師の先生が書かれたということで、本屋さんの「話題書コーナー」で見かけて以来気になっていた一冊です。
(話が逸れますが、医師兼作家の先生は結構な数いらっしゃいます。海堂尊先生、帚木蓬生先生、南木佳士先生、夏川草介先生…ただなぜか、男性の先生が多いんですよね。
一方、女性医師でマルチな方は、タレントとして美貌を押し出したり、コメンテーターをされたりという先生が多いです。なんだか面白い比較。)


主人公の男性医師、病院長、看護師2人、謎の美少女、入院患者たち
を人質として、ピエロの仮面の強盗犯が病院に立て籠もる。しかし、ただの強盗犯かと思われたピエロには、何か隠れた目的があるようで…
というお話。

以下、感想です。
・医師の仕事にまつわる描写が、さすがにリアルです。(当直の「バイト」があるなんて、医療関係者以外はなかなか知らないことですから。)

・人質の少女は、やっぱり「美」少女でなくちゃ盛り上がらないのでしょうかね?(笑)少女の容姿にまつわる描写が、やけに多かったです。

・途中で黒幕の予想が付いてしまったのは少し残念でしたが、一気読みしてしまうだけの勢いがある物語展開でした。

・「仮面病棟」の「仮面」に、「ピエロの仮面」以外の意味も含ませたのは上手い!なるほどと膝を打ちました。

・何より、医師の忙しい仕事の合間を縫って小説を書き上げるというのは、そう簡単ではないと思います。作者の先生は、きっと凄い集中力の持ち主なのではないかと。

★★★星3.5
*トリおんな*

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
↑Let's ポチッ!今日もありがとうございます♪

仮面病棟 (実業之日本社文庫)